アクセストレードWebサービス

サイト名
未設定 ※右の「サイト設定」で設定してください。
ws_id
未設定 ※右の「サイト設定」で設定してください。

プログラムキット利用方法

1 プログラムキットのダウンロード

目的のツールを選択してプログラムキットをダウンロードしましょう。


2 サンプルプログラム利用の準備

プログラミング言語PHP(ver5.0以上)が使用できる環境をご準備ください。
レンタルサーバーをご使用される場合は、PHP5.0以上が使用できるかご確認ください。
ご自宅のサーバーをご使用される場合は、PHP5.0以上をインストールしてください。
参考ページ日本PHPユーザ会 http://www.php.gr.jp/


3 サンプルプログラムの設置

FTP(ファイル転送プロトコル)を使用して、サンプルプログラム一式フォルダをサーバーにアップロードします。
レンタルサーバーのFTPをご利用の場合は、不明点などはレンタルサーバー会社のFAQなどをご参照ください。

【例】ドメインがhttp://xxxx.xx.xx/で、その下にサンプルプログラムフォルダ「sample」設置した場合、一般的には、URL:http://xxxx.xx.xx/sample/でアクセス可能となります。


4 サンプルプログラムの設定

WebブラウザのアドレスバーにサンプルプログラムのURLを入力します。 サンプルプログラムが問題なくアップロードされている場合は、簡単な設定画面が表示されますので、必要項目を入力して設定ボタンをクリックしてください。

モバイル対応ツールの場合は、設定が完了すると、ディレクトリに"mb-api.conf.php"ファイルが作成されます。
設定は、直接上記ファイルを作成して、必要事項を記入することでも可能です。
その場合は、雛型の「mb-api.conf.default.php」ファイルをコピーしたあとに、ファイル名を「mb-api.conf.php」に変更して必要事項を入力してください。
ws_idの設定項目は必須ですので、必ず記入する必要があります。

※画面が表示されない場合は、URLが正しいか、また、ディレクトリのアクセス権限が正しいか等の問題点を確認してください。
書き込み可能の権限が許可されていない可能性がありますので、アプリケーショントップのフォルダ下の書き込み権限を許可してください。